前へ
次へ

便秘が肌に良くない理由を知っておく

便秘は病気ではありませんが、放置しておくと重大な病気になることもあるので注意が必要でしょう。
便秘の症状は便が腸内にあるにも関わらず排泄されない状態で、一旦たまり始めるとさらにたまりやすくなります。
医学上は1日でも排泄されないと便秘ということもあるようです。
一般的には数日以上排便がない状態を指すようです。
便の中身は食べ物のかすと考えるかもしれません。
確かに前日などに食べたものも含まれていて、食物繊維などは吸収されないのですぐに体外に出されます。
ただ便の中身は食べかすだけでなく体中の老廃物も含まれます。
食事をとらなくても便が出るのは食べ物以外からも便が作られる証拠と言えるでしょう。
便秘になると肌荒れなどができやすくなると言われますが、それは腸に溜まった便の毒素が腸から全身に回る為と言われます。
肌荒れは体の毒素が原因とされるので、本来排泄すべき便をしっかり出せていれば毒素も回らず肌荒れも防げそうです。
何とか便秘にならないよう習慣づける必要がありそうです。

Page Top